発表日:2018年1月11日(米国東部標準時)

 

Sprinklr、ソーシャルコンテンツをショッパブルな投稿に変える
「ギャラリー」を発表

ユーザー作成コンテンツ(UGC)を利用したセールス・エクスペリエンス、
ブランドのスタイルに合わせたショッピング・エクスペリエンスの世界展開が可能に。

 

ニューヨーク州ニューヨーク市 – 2018年1月11日 (現地時間)– 世界規模のカスタマー エクスペリエンス マネジメントを可能にする最も完成度の高いソーシャルプラットフォームを提供するSprinklrは本日、ショッパブルなソーシャルコンテンツのキュレーション、カスタマイズ、埋め込みをウェブサイトやモバイルアプリで直接行えるようにする「Sprinklrギャラリー」を発表しました。

リテール業界向けの新機能であるこのギャラリーは、ソーシャルメディアの投稿で商品を見たユーザーをショッピングに誘導する動線をシンプルにすることで、フォロワーを購入者に変える機会を最大化します。Sprinklrは全米小売業協会(NRF)が1年に一度開催する小売業界の新製品展示会Big Show 2018(1月14~16日、ニューヨーク市)に出展し、3階のブース#2335でギャラリー、ロケーションインサイト、ディスプレイなど全機能を含むSprinklrプラットフォームを展示します。

今日、Z世代(Generation Z)の購買行動の80%はソーシャルメディアに影響されたものであり、消費者の60%にとってUGCは信頼度があると証言し、その信頼度はブランド発のコンテンツの3倍に達しています。しかし、ユーザー作成コンテンツ(以下、UGC)にこれほどの高い価値があるにもかかわらず、ソーシャルコンテンツをコマースに直接つなげることは各ブランドにとって依然として難しい課題のひとつです。

 

Sprinklrギャラリーの特長:

  • エンゲージされているコンテンツをコマースにつなげるのが容易に – Instagram、Twitter、Facebookなどでシェアされているコンテンツをスピーディーに集約し、ブランドストーリーを信頼性のある形で伝えて、 すぐに商品を購入できるように投稿をショッパブル化します。ギャラリーはSprinklrワークフローにも統合されており、ブランドのスタイルに合わせたショッピングエクスペリエンスのシンプルかつ効率的なプロセスを実現します。
  • ソーシャル戦略のROI向上 – ソーシャルメディア投稿を売上につなげ、顧客のソーシャルメディアのオーガニック投稿のROIをトラッキングし、ソーシャルエンゲージメント指標を売上に結び付けます。
  • コンテンツ戦略とプロダクト戦略の改善 – 特定の投稿、個人、プロダクトから発生した売上額を把握し、そこから得られた知見をコンテンツ、マーケティング、R&Dの改善に即時に活用します。
  • 顧客との関係を強化 – あくまで顧客を主役に、ソーシャル、ウェブ、モバイルにわたってブランドメッセージの一貫性を高め、より優れたエクスペリエンスを常に提供します。
  • カスタマーファーストなエクスペリエンスデザイン– 内蔵されているWYSIWYG機能、拡張CSS、JavaScriptコードエディターは、ウェブサイトやモバイルアプリ上のギャラリーの自在なカスタマイズを可能にします。ブランドのイメージを忠実に表現し、より顧客志向の優れたエクスペリエンスを提供できます。

 

Sprinklrギャラリーの使用例:

  • ブランドギャラリー – ソーシャルチャネル上で自社アカウントをまだフォローしていないオーディエンスとも交流が可能です。ブランドギャラリーを使用して、ソーシャルアクティビティをウェブサイトに直接組み込むことができます。
  • 社内向けギャラリー – チーム全体で話題性・関心度の高い情報を頻繁に発信するサイトの最新情報の共有を促します。オウンドおよびアーンドコンテンツの力を社員向けのギャラリーに活用できます。
  • キャンペーンとイベントギャラリー -ウェブサイト上のキャンペーンやイベントコンテンツを通じて、トラフィックを増やし、ファンの参加を促します。
  • ショッパブルギャラリー – ソーシャルとコマース上のコンバージョンのギャップを埋めます。ソーシャルコンテンツからプロダクトページへの直接的なコンバージョンを促進し、シームレスなチェックアウト体験を実現します。
  • PDPギャラリー -製品の詳細情報ページ(PDP:Product Detail Page)で、すでに製品を購入した顧客からの投稿を絞り込んで表示します。製品ごとのUGCコンテンツが売上アップに活かされます。

 

ギャラリービルダー

トラベルギャラリーウェブサイト

 

新機能のご利用:

  • Sprinklrギャラリー」の詳細については、こちらの概要をご参照ください。
  • 日本語UIのサービス提供時期については pr@sprinklr.co.jp までお問い合わせください。

 

ニュース関連コメント:

  • Sprinklr社 ディスプレイ、コマース、インテグレーション担当副社長 ジャスティン・ギャリティ

「いまや、あらゆるショッピングはソーシャルだと言えます。それがオンライン、実店舗、メッセージングチャネルのどれを介したものであっても。」
「Sprinklrギャラリーなら、プロダクト情報、Sprinklrレーティング&レビューに加えて、注目度の高いUGCを活用してソーシャル投稿とコマースコンバージョンの間のギャップを容易に埋めることができます。強力なデザイン機能により、ユーザーがシェアしているコンテンツをもとに、ブランドイメージに忠実なエクスペリエンスをウェブサイトやモバイルアプリ上でそれぞれ最適な形で一貫して提供することができます。」

 

Sprinklrについて

Sprinklrは、初のエンタープライズ向け統合カスタマー エクスペリエンス マネジメント(CXM)プラットフォームです。当社は、マーケティング、広告、リサーチ、ケア、コマースといった分野でFacebook、Twitterをはじめ23を超えるソーシャルチャネルを活用して顧客へのリーチ、エンゲージ、リスニングを行っている世界中の大手ブランドを支援しています。Sprinklrは、それらすべての業務を一元的に管理・運用できる統合プラットフォームであり、既存のシステム(CRMなど)とのインテグレーションも可能です。Sprinklrを活用することで、エンタープライズ内の部門間の分断が解消し、チャネルや規模を問わず、顧客一人ひとりにシームレスなエクスペリエンスを提供できます。

ニューヨークに本社を構え、世界各地20箇所の拠点で活躍する従業員は1,500名にのぼります。Sprinklrは、ナイキ、マクドナルド、マイクロソフト、P&G、Samsungなど1,200を超えるグローバル企業、Fortune 50企業の半数以上、および世界で最も価値あるブランド10社のうち9社を顧客に持ち、SAP、IBM、マイクロソフトをはじめ多数のパートナーで構成されたCXMエコシステム を展開しています。

詳しくは、pr@sprinklr.co.jpまでお問い合わせください。